初心者こそ学ぶべき本物のノウハウ
LFM-TV

IPアドレス分散による集客・収入アップ効果

IPアドレス分散による集客・収入アップとは、
分散されたIPアドレスからの被リンクを集めることで
検索エンジン上位表示(SEO)を行い、集客・収入アップを狙うというものです。

google (グーグル)では
クラスCの部分で被リンクをカウントしているというアナウンスがありました。

クラスCとはIPアドレスで
192.0.0.0-223.255.255.255
の範囲を指し、レンタルサーバー業者は
このアドレスをいくつか保有しているということになります。

しかし現在、IPアドレスの枯渇が騒がれていますので
ほとんどのレンタルサーバー業者は少ないIPアドレスしか割り振られていないのです。

ということは、同じドメインや同じレンタルサーバーで、
いくら頑張ってアフィリエイトサイト・ブログを量産したとしても
同じクラスCアドレスからの被リンクはあまり効果が無いということです。

検索エンジン(GoogleやYahoo)が求めているものは結局、
利用者にとって価値のある情報なのです。

いくら小手先のSEOテクニックを使って
集客・収入アップを狙ってもサイト・ブログのコンテンツ(内容)が価値の無いものであれば
検索エンジンは評価してくれないのです。

IPアドレス分散による被リンクサービスやレンタルサーバーなどもありますが、
これらのことから、IPアドレス分散テクニックはあまり意識しなくてよいと思います。
(ただ、複数のレンタルサーバーを1つずつ借りてアフィリエイトサイト・ブログを開設していくことは価値があると思います。

何より大切なのは
コンテンツ(内容)を充実させ、利用者にとって価値のあるサイト・ブログを作成することだということです。

2012/08/02 12:06 PM | カテゴリー:集客・アクセスアップ


あわせてに読みたい関連記事

このページの先頭へ